• 知っておきたい海への散骨による自然葬について

    • 生前の故人の遺志や、残された遺族の故人への想いから行われるものに自然葬があります。一般的に知られているものとしては、墓の形態を持つ樹木葬と、墓を設けないで行う海への散骨があり、中でも海への散骨は参入業者も多く、徐々に増加をしています。

      エキサイトニュースについての情報をお探しの方は必見です。

      まず、自然葬に関しては方法に限らず、法律的な規定は設けられていません。
      つまり、方法や規定、罰則などが定められていないことになります。


      海への散骨に関しては、「自然葬」の名称で行われたのは1991年が最初となっており、ここでは、旧厚生省、法務省ともに違法性は無いとの判断を行っています。海への散骨で自然葬を執り行う場合には、多くは業者に依頼をし行われていますが、法的規定が無いことから、中には遺族自らが計画をする場合もあります。



      ただし、ここではルールや準備内容を十分に理解した上で臨む必要があります。まず、ルールとしては、岸から十分に離れている海域で行うことがあり、航路、漁場、解す浴場は避ける必要があります。



      また、遺骨は必ず2ミリ以下の粉末し、散骨では水に溶ける水溶性袋に入れてから行う必要があります。手向けるものに関しては自然に還るものを選び、花は花束ではなく、花びらの部分を使うようにするなど、自然を汚さないような配慮が求められます。準備に関しては、最も大きな内容として船があり、自分たちで手配をする必要があります。
      ここでは、執り行う場所が散骨できる場所であるのかどうか事前に確認をする必要があり、自治体によっては条例で海域を規制していたり、漁協においても同様に定めている場合もあるために注意が必要になります。

      因みに、日本海洋散骨協会のガイドラインでは「1海里(1.852km)以上離れた海洋上のみ」と定めています。

  • ためになる葬祭

    • 自然葬が注目される理由

      樹木葬や海洋散骨などの種類がある、自然葬が注目される理由はいくつか挙げることができます。まず、個人墓への理解が広がっていることが背景にあり、自分が亡くなった後の姿の、選択肢が増えたことも理由の1つとして考えられています。...

  • 葬祭コラム

    • 自然葬の詳細は終活の中で少しずつ決めておくと良い

      最近では自分が亡くなった後に必要な様々な諸手続きを、生前に全て準備しておく終活という言葉が流行っていますが、現実問題として例えば自然葬などの特殊な葬儀を希望する人もまた、このような終活にてしっかりと埋葬場所や依頼する葬儀社などを取り決めておくことが必要です。というのも、人が亡くなった直後、その遺族は葬儀の準備で忙しく奔走しなければならず、そこから改めて自然葬の方法について調べたり準備に取り掛かることは困難だからです。...

  • 知りたい葬祭事情・葬祭関係の真実

    • 植物や動物との距離の近さを感じられる自然葬

      花や草木を愛している方々だけでなく、野生の動物が大好きだという人も自然葬を選ぶ事が増えてきています。野生動物が多数生息しているエリアに骨を埋めてもらうだけで、動物に囲まれながら眠っているように感じられそうだと好評です。...

    • 自然葬とは何であるか

      自然葬とは、鳥葬(鳥に死者を食べさせること)、水葬(海などに死者を流すこと)、火葬、土葬(死者をそのまま土に埋めること)など死者を自然に返すこと一般を指した言葉です。かつては、遺骨を砕いて粉状にし、故人の思い入れ深い地や海などに散骨することを指すことが多かったのですが、近年では土中へそのまま遺骨を埋葬する、または土に返る骨壷を使うなどの方式も取られるようになりました。...