• 自然葬が注目される理由

    樹木葬や海洋散骨などの種類がある、自然葬が注目される理由はいくつか挙げることができます。


    まず、個人墓への理解が広がっていることが背景にあり、自分が亡くなった後の姿の、選択肢が増えたことも理由の1つとして考えられています。
    また、海に遺骨を散骨する自然葬の場合は、遺骨自体はなくなってしまいますが、遺骨の半分を海洋散骨して、残りをお墓に埋葬して供養するという方法を選択することも可能です。

    自然葬の中でも特に注目を集めていて、受け入れやすい形の1つとされる樹木葬は、木が墓標の代わりになり、木をお墓の代わりとして扱うことができます。



    樹木葬の埋葬方法にはいくつかの種類があるため、それぞれの人の想いに合わせた選択ができると言われています。
    樹木葬は、寺院や施設によって異なりますが、従来のお墓の事例と同様に、埋葬する際は骨壷に入れて樹木の下に埋葬されるという方法です。

    施設や寺院の中には、骨壷が時が経つにつれて土に溶ける材質のものを使用するタイプや、樹木の下の個別スペースに骨壷を入れて、一定期間満了後に永代供養に移行するタイプがあります。

    自然葬の中で最も認知度が高い樹木葬には、いくつかの種類があり、霊園の一角で埋葬される公園型と、山の中に埋葬される里山型に大きく分けられます。
    また、大きなシンボルツリーの下に、多くの人が埋葬される方法や、1人につき1本を植林する方法がありますが、1人につき1本でも区画が用意される場合もあります。

    livedoorニュースの情報を見つけよう。

    さらに自然葬は、墓石代が掛からないので低価格で済むという点も、注目される理由の1つとして挙げることができます。