• 自然葬の詳細は終活の中で少しずつ決めておくと良い

    最近では自分が亡くなった後に必要な様々な諸手続きを、生前に全て準備しておく終活という言葉が流行っていますが、現実問題として例えば自然葬などの特殊な葬儀を希望する人もまた、このような終活にてしっかりと埋葬場所や依頼する葬儀社などを取り決めておくことが必要です。

    というのも、人が亡くなった直後、その遺族は葬儀の準備で忙しく奔走しなければならず、そこから改めて自然葬の方法について調べたり準備に取り掛かることは困難だからです。



    この自然葬とは、亡くなった後の遺骨を海や川、樹木の根元などといった自然の中へと還してあげるもの。



    そうすることで私たちはその方の肉体がなくても、自然界のあらゆる息吹に接するたびにその方のことを思い出し、記憶の中において何度でも再会することが可能となります。

    本人の手によって亡くなる前に葬儀社や葬儀方法が決められている場合、その埋葬場所に関しても大まかな決定がなされていることがほとんどです。

    こういった場合には終活セミナーなどで葬儀社の方がいくつかの候補地を提示し、その中から自分自身が納得のいく場所を選択することになります。

    毎日新聞の正しい情報はこちらです。

    海であれば漁業に影響が出ないもの。
    河川や公園などであれば付近住民の理解が得られており、環境汚染などに繋がらないもの。

    さらに森林などでも私有地であればその方の許諾と謝礼などが必要になるのでそれらの手筈も欠かすことができません。いずれにしても亡くなってから数時間のうちで決定できるものではなく、やはりここは本人の頭の中で数日間にわたってじっくりと考えることが必要です。


    遺族に迷惑をかけたり、決断を委ねないためにも、まずは自分自身の手で費用や手順や場所などをしっかりと把握してできるだけの準備を整えておくことが必要でしょう。