• 自然葬とは何であるか

    自然葬とは、鳥葬(鳥に死者を食べさせること)、水葬(海などに死者を流すこと)、火葬、土葬(死者をそのまま土に埋めること)など死者を自然に返すこと一般を指した言葉です。

    かつては、遺骨を砕いて粉状にし、故人の思い入れ深い地や海などに散骨することを指すことが多かったのですが、近年では土中へそのまま遺骨を埋葬する、または土に返る骨壷を使うなどの方式も取られるようになりました。

    歴史の中でも、キリスト教世界で土葬は当たり前に行われてきました。

    自然に返す、と聞くとエコロジストのように聞こえますが、先人たちは当然のように行ってきたことです。


    世界の各民族の伝統で鳥葬も当たり前にありました。


    近年の骨壺に入れて土葬する方法は比較的新しいものです。現代の葬儀法と比べ、お金もかからず、食物連鎖にも貢献することが出来るのが特徴です。



    近年では樹木葬も人気になっています。イギリスなどでは自然を壊さずに葬儀をするためという意味合いが強いのですが、日本では多くが故人のためにやります。



    また最近の技術を使い、冷凍葬という方法もとられるようになりました。

    日本経済新聞関する情報探しのお役に立つサイトです。

    スウェーデンの技術会社が開発した方法で、死者を冷凍し、骨を砕くという方法です。


    これは火葬よりもエネルギーコストがかからず、エコだと言われています。
    粉砕したものを土に埋めて自然に返すため、これも自然葬のひとつと数えます。

    自然葬は、少子化が進み墓にまで足を運びきれない人にも向いた葬儀です。

    墓石を建てるよりも安上がりで、現代葬儀に良いでしょう。